腸内細菌、ビフィズス菌の働き本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > ビフィズス菌(善玉菌)の解説

腸を元気にするビフィズス菌

ビフィズス菌

便秘解消以外にも美容効果・老化予防にも役立つ

腸内、特に大腸に棲みついているビフィズス菌便秘予防はもちろんのこと、私たちの健康や美容に大いに役立っているきわめて大切な菌です。

 

ではビフィズス菌の働きとは・・・

1、便秘の予防・・・酢酸や乳酸を生成し、腸の蠕動(ぜんどう)を刺激し便秘解消の手助けをする。

2、免疫力を高める・・・大腸粘膜に存在する免疫細胞を刺激して免疫力を高める。

3、ビタミンの合成・・・ビタミンB群やK、ニコチン酸、葉酸などを合成し健康維持に。

4、動脈硬化の予防・・・血清コレステロールを低下させることが知られており心臓病予防になるます。

5、腸内腐敗を防ぐ・・・悪玉菌の働きを抑える。腸内の有害物質を分解して腸内を清浄化して病気や老化を防ぎます。

 

では具体的にビフィズス菌の働きを見ていきましょう。

 

消化吸収の手助けをする

ビフィズス菌は大腸で糖質を利用して増殖し、酢酸や乳酸を生成します。

これによって腸蠕動運動を刺激し自然排便を促してくれます。またアミノ酸や脂肪も分解して消化吸収の手助けもします。

ビフィズス菌が増えると腸内腐敗菌(悪玉菌)の増殖を抑制し、腸内細菌のバランスを整え、大腸ガンや乳ガン、老化の予防をします。

 

免疫細胞を刺激して免疫力を高める

免疫系とは、外敵から身を守るシステムでもともと人間に備わっている機能です。

大腸粘膜にはこの免疫担当細胞が多く点在しています。

ビフィズス菌の生産物質が、免疫担当細胞を刺激し活発化すると病原菌による腸内感染や風邪などを予防します。

 

ビタミンをつくりだし健康維持に貢献

ビフィズス菌はビタミンB群を合成する働きもあります。

ビタミンB1、B2、B6、B12、K、ニコチン酸、葉酸などをつくり、それらは腸壁から吸収され健康維持に役立つのです。

 

動脈硬化の予防もしてくれる頼もしい味方

動脈硬化は悪玉コレステロールや中性脂肪がたっぷり含んだ血液が血管を詰まらせる血管の老化現象。

ビフィズス菌は、血液をサラサラ状態にさせる手助けをしてくれます。

腸内の悪玉コレステロールを分解して別の物質に作り換えるのです。

 

腸内腐敗を防ぐ

腸内で悪玉菌が優勢になると有害物質が生成されやすくなります。

その物質とは、腐敗産物(アンモニアや硫化水素他)や細菌毒素、発ガン関連物質などがありそれらが腸管から吸収されると肝臓や腎臓に負担を与えますし自己免疫力の低下にもなります。

善玉菌のビフィズス菌は、悪玉菌の働きを抑え腸内腐敗を防ぎます。

 

以上、ビフィズス菌の働きについて解説致しました。

私たちがこの世に生まれてから人生をまっとうするまで、休むことなく常に腸の中から応援してくれる大切な仲間なのです。便秘解消にかかわらず健康に過ごす為にもビフィズス菌を助けてあげる日常生活がとても大切ですよね!