タイプ別便秘、弛緩性と慢性便秘本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > タイプ別便秘の対策 > 弛緩性と慢性便秘とは

弛緩性と痙攣性の便秘

まず便秘にはさまざまなタイプがあることを知っておきましょう。

タイプは2つに分かれます。

それは、器質性便秘と機能性便秘です。

 

【器質性便秘】

これは何らかの病気が原因となって腸そのものの働きが弱って自然排便ができない便秘です。

生活改善してもオリゴ糖やお茶などサプリに頼っても解消されないタイプです。

 

例えばこんな病気があげられます。

結腸が拡張してしまう巨大結腸症、腸閉塞、大腸がんや直腸がんなどの病気が原因になって便秘を引き起こす場合です。

症状として腹痛が続く、吐き気がある、血便がある等で、このような時は早めに病院にいって検査してもらうことをおすすめします。

 

【機能性便秘】

これは大腸の運動機能が低下して便秘がちになるものです。

原因としては、日頃の生活や食事、運動不足やストレス、そして環境変化などによって腸や腸内環境が敏感に反応して起こると言われています。

言い返せば日常生活を改善することで便秘が解消される場合が多だあると言えます。

さらに機能性便秘には【一過性のも】のと【習慣性のもの】があります。

一過性

一過性は、入学や就職、仕事の移動や旅行等の生活環境や生活リズムの変化で起こります。
環境に慣れ、生活リズムが戻ると自然に便秘解消される場合が多いようです。

習慣性

習慣性は、繰り返し起こるものでその原因によって 弛緩性、直腸性、けいれん性の3種類に分かれます。

【弛緩性】

弛緩性は大腸の蠕動運動がうまくいかなかったためになります。

【直腸性】

直腸性は便意による我慢が続きその結果、直腸粘膜が鈍くなって起こります。

【けいれん性】

痙攣性(けいれん性)のものは精神的ストレスが腸への刺激となって起こります。

 

では次に、それぞれのタイプについて見てみましょう。

 

弛緩性便秘

体力のない高齢者の方が多いのですが、最近は比較的若い女性の方にも多く見受けられるようになっています。

慢性的な場合はこの弛緩性タイプが多いです。

 

大腸の筋肉が弱ったり、収縮力が低下して腸の蠕動運動がスムーズに動かなくなって便が大腸を通過するのに時間がかかり、慢性的な便秘になってしまうケースです。

弛緩性タイプは、大腸に便が滞りガスが溜まってお腹かが張ったり、残便感があったりする症状があると言われています。

また食欲不振、肩こり、頭痛、倦怠感、手足が冷えるなどの危険信号が出た場合は早めの対策をとって下さい。

弛緩性便秘の解消法

基本的な解消法としては筋力(腹筋)をつけることと、腸内のビフィズス菌を増やす工夫をして腸内環境を整えてあげることが解消のポイントとなります。

<日常生活でのチェックポイント>

一、三度の規則正しい食事、食物繊維(1日20g目標)を摂って便の量を増やす。

二、 ヨーグルトやオリゴ糖を摂って腸内のビフィズス菌を増やし活性化させる。

三、適度な運動(徒歩30分ほど)をして腹筋を強くしてあげる。

その他にも複式呼吸で腹圧を高める解消法もあります。家で簡単に出来るのでおすすめです

 

直腸性便秘

直腸性タイプとは、便が直腸まで来て便意が感じられるのに何らかの理由でトイレに行くのを我慢してしまい、その後は便がなかなか出ない症状をいいます。

 

このタイプの症状は、カチカチの硬い便が特長で、その硬い便が排泄された後は柔らかい軟便が出たり、残便感が続く、便意があってトイレにいってもなかなか出ない、息んでも出ないなどがあります。

慢性化してひどくなると、直腸の粘膜の反応が鈍くなってしまい直腸まで便が下がってきても便意を感じなくなってしまいます。

 

またあるTV番組で取り上げられた内容によりますと、直腸性便秘は「骨盤底筋」という筋肉が緊張してしまって便がスムーズに出ないのが原因とも言われています。

健康な場合は、骨盤底筋が緩んで肛門と直腸がまっすぐになり便がスムーズに出るようです。

そしてこの場合は、便秘解消に効果のある「不溶性食物繊維」がかえって直腸の負担を与え 症状を悪化させてしまう場合もあるとか。

 

便秘解消によいからといって食物繊維の摂りすぎにも注意が必要です。ほどほどに!

私もこのタイプになるのかわかりませんが、繊維の多い豆類を多くとると次の日は硬い便になって便秘になったり、あるいはトイレ時間が長い経験を何度もしております。

 

直腸性タイプの解消法は上記の弛緩性の解消法を取り入れることと、便意があれば我慢しないで直ぐにトイレに行くことです。

そしてトイレに行く時間帯を習慣性にすることです。例えば朝食を摂ったら次はトイレへ!

 

痙攣(けいれん)性便秘

痙攣性タイプは、極度の緊張が続いたりストレスを貯めている方に多いようです。

ストレスなどで腸が緊張するとキュッと縮んでけいれんしたり、蠕動運動が鈍くなって便の流れが悪くなってしまう便秘です。

 

痙攣性タイプの具体的な症状として次のようなことがあります。

 

・便意があるのになかなか出ない。

・うさぎのようなコロコロ便が出る。

・便秘の前には腹痛があるが便が出るとスッキリする。

・便秘と下痢を繰り返すなどです。

 

痙攣性タイプの解消法の注意点として、腸に刺激を与える方法は避けてください。

例えば、ビザコジル・センナ・ダイオウなど含んだ刺激性下剤の服用は避けてください。

また、水に溶けにくい不溶性食物繊維(大豆、ゴボウ、穀類など)も腸を刺激するタイプですので極端な摂りすぎに注意しましょう。