ストレス解消は腸の元気になる本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > ストレス解消の生活習慣 > 朝は笑顔から

朝一番の鏡から笑顔スタート♪

鏡に向かって笑顔を

朝一番は鏡に向って笑顔練習

朝の洗顔後、鏡の中の自分に「ニコッ」と微笑みをかけることから一日をスタートしてみて下さい。

一年を通して、朝から鏡に向かって笑顔なんか作る気分になれない日は当然あります。

気持ちいい睡眠や夢から目覚めるとともに、イヤなことも目覚めてしまう朝!

絶対に無理!

 

こんな時でも、いえこんな状況だからこそ、鏡の中の自分に問いかけながら笑顔を作って見て下さい。

心の底から笑ってない作り笑いでも、脳から前向きな物質(ドーパミン)が出て、気分も自動的に良くなっていきます。

 

毎日毎日イヤでも続けていると、上司に怒らたり、けんかしたり、いなやことがあって気分が落ち込んでいる時でも、立ち直りがだんだん早くなり、気分転換が自然とできる様になり、ストレス解消度も高くなってきます。

 

朝、自分との決まりごととして鏡に向って、2.3分笑顔の練習をするだけで効果が出ます。

その時、付け加える相乗効果として、「今日も一日頑張るぞ!」「いつもいい顔してるなー」「ストレスに負けるもんかー!」などポジティブな考え方で心の中で声かけて下さい。

声に出してたらさらに効果大です。

 

すると、脳が「おっ、今日は上機嫌なようだな!」と判断して、ヤル気ホルモンのドーパミンが活性化されてきます。

女性の方なら、「顔色が悪い」「肌荒れが気になる」「化粧のりが悪い」「毛穴が気になる」「シミが増えてきた」などが気になるかと思いますが、鏡を見終わる時は、「肌がイキイキしている」「昨日よりキレイになっている」など、ネガティブな感情からポジティブ(前向き)な考え方に切り替えて終了するようにして下さい。

 

作り笑いでも、日々練習を重ねると輝いた素晴らしい笑顔ができるようになり、肌もイキイキしてきます。

 

笑う門には福来たる

暗い顔をしているとストレスは解消できません。

昔からよく聞く「笑う門には福来たる」とい諺があります。

悲しいこと、つらいこと、苦しいこと等があっても、希望を失わず笑顔でいれば、いつか幸せがやって来るという意味です。

これは理にかなっていると言えます。

いつも笑顔でいると、ヤル気ホルモンもでます。さらにストレスに負けない「心の復元力」もついてきます。

自然に早く立ち直り、前向きな考え方で行動できるようになるからこそ、幸せがやって来ると考えられます。

また五臓六腑も元気になり、食べ物も美味しくなって快便快食、健康で元気な体になります。

このサイトのテーマであります便秘解消にもなります。

つらい時こそ、笑顔を大切にして下さい。

 

便秘解消の3つの基本習慣