タイプ別の便秘、妊娠中の便秘対策ガラクトオリゴ糖そのまま100

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > 妊娠中の場合

妊娠中の便秘対策

妊婦

妊娠をすると誰もが便秘になりやすい体質になります。

 

妊娠中の便秘の原因は下記の通りです。

1、妊娠すると黄体ホルモンの分泌が盛んになることによっておこる

黄体ホルモンは、流産を防ぐために子宮の収縮筋を抑制し胎児を守る働きがあります。

つまり筋肉をゆるめることが、腸の働きまでも鈍らせてしまいます。

 

2、子宮がだんだん大きくなって腸を圧迫する

お腹の中の赤ちゃんが育つにつれ子宮も大きくなり、骨盤の中に入りこみ腸が圧迫され腸の動きが鈍くなり便通を悪くして便秘を助長します。

また腹筋にも影響を与える為、力みにくくなります。

 

上記の2つは、妊娠することによって起こる妊娠中の体質変化ですからどうしても避けがたいことです。

また妊娠中は精神的(不安)な要因もかなりあります。

 

■ 妊娠することによって、より神経質になりストレスが貯まる日常生活

■ 妊娠するとつわりが原因で食事量が減ったり、運動不足になる

■ 便秘により痔の悪化。排便時の痛みを恐れるあまり便意を抑制する行動

 

その他にも日常の様々な要因と妊娠中の体質変化が複雑に絡んで便秘になりやくすなります。

 

妊娠中の便秘予防や解消法

妊娠中は過激な対策(便秘薬や浣腸の乱用)はなるべく避けて下さい。

早産や流産の原因にもなりますので、便秘薬を使用される場合は薬剤師や医師に相談してから服用しましょう。

また下記の生活や食事改善、健康食品を使用しても便秘が解消されない場合は、我慢せず必ず医師に相談してください。

 

朝起きたらすぐ水分摂取と体操しましょう

朝のコップ1杯の白湯、水(コントレックスなどのミネラルウォーター)や牛乳は、腸に届きやすく刺激して便通を促します。

さらに、軽い体操もしましょう。体をゆっくりひねったり、足をあげてその場で歩いたり、理想はラジオ体操程度です。

これらの方法で、腸に刺激を与え朝食後の便意を促せます。

 

腸内細菌のビフィズス菌を強化しましょう

まずは、毎日3食を規則正しく、栄養バランスのとれた食事が予防の基本です。

基本の食事プラス食物繊維と乳酸菌を含む食物は、腸内環境を整えることで予防に役立ちます。

 

食物繊維は、コンニャク、寒天、キノコ類、ココア、リンゴ、玄米などに多く含まれ、 腸内細菌のバランスを整える乳酸飲料やヨーグルトは、乳酸によって腸を刺激して排泄を促進する効果があります。

オリゴ糖などのサプリメントで腸内細菌の善玉菌(ビフィズス菌)を増やし強化させることも解消法に役立ちます。

 

適度な運動をしましょう

妊娠中は運動不足になりがちです。散歩や妊婦体操、マタニティスイミングなどで適度に体を動かことによって、身体が刺激され腸のぜん動運動も活発になります。

 

十分な睡眠とストレスの貯めない工夫を

まずは規則正しい生活にこころがけて、睡眠時間は十分とりましょう。

ストレスについては、妊娠中は色々な不安や心配ごとがどんどん頭に中に沸いてきます。

このことはあなただけなく、誰もが同じ状況になります。

家族や友人、医師などに相談しストレスを貯めないようにしましょう。

 

毎日決まった時間にトイレに行く

先ほども申し上げましたが、規則正しい生活が妊娠中でも大切です。

1日の排便リズムをつくることも予防や解消法になります。便意があってもなくても、 毎朝決まった時間にトイレに行く習慣をつけて排便のリズムをつくりましょう。

 

なんでも産婦人科の医師に相談を

産婦人科の医師になんでも気軽に相談をして、予防や解消法の情報を取り入れ時には薬をだしてもらいましょう。 女性の多くはなりやすいですし、特に妊娠中の妊婦さんの便秘はよくあるケースです。

 

医師に相談することは、恥ずかしい事でもなんでもありません。 また便秘による痔は、痔を悪化させる前に医師に相談し早期に治療することをおすすめします。