あれこれ雑学、睡眠不足が便秘に本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > 睡眠不足

睡眠不足が便秘の原因に

色々な文献を読んでますと睡眠時間が短い方や寝不足が続くと便秘になりやすいと書いてあります。

 

実際に便秘でお悩みの方に生活スタイルをお聞きしますと、深夜遅くまで起きておられるケースが多いような気がします。

生活リズムの乱れから便秘になることはよく言われていますが、ではなぜ睡眠不足が続くと便秘になりやすいのでしょうか?

下記の通り簡単にまとめて見ました。

睡眠不足と便秘

人の身体は、交感神経と副交感神経からなる自律神経によって多くの機能がコントロールされています。

便が作られるのは夜の睡眠時間

睡眠中は副交感神経が優位になり、寝ている間にも腸は周期的に蠕動運動をしており便は作られています。

つまり睡眠時間が短くなってしまうと十分な便が作られにくいと言うことになりす。

それともう一つあります。

十二指腸から分泌される「モチリン」という消化管ホルモンが関連している。

この「モチリン」には、腸の内容物を肛門の方へ動かす蠕動運動を促進させる作用があります。

そして「モチリン」の分泌を促すには、胃の中が6時間以上空腹であること、リラックスした状態であることが条件です。

言い換えれば、夜食をしたり睡眠時間が短いと「モリチン」の分泌は減少し、腸の蠕動運動が十分に働かないことになってしまい、その結果便秘を助長してしまうことになるのです。

 

以上のことから、便秘になりやすい腸環境をつくらない為には睡眠時間を最低でも7時間以上とること、そして寝る3時間前は何も食べないようにしましょう。