あれこれ雑学、小学生の便秘対策本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > 子供・小学生の便秘対策

子供・小学生の便秘解消法

小学生・子供の便秘

ここ最近、小学生の隠れ便秘や予備軍が増えているように思われます。

 

小学生をお持ちのお母さんから、便秘対策のお問い合わせが多々あります。

 

「小学生に入ってからひどい便秘になった」

「親も便秘体質で子供も遺伝しているか心配」

「薬を飲ませると腹痛とひどい下痢なるから薬を嫌がる」

「野菜嫌いで何を食べさせればよいのかわからない」

「便意がないようでなかなかトイレに行かない」

 

どうように対応すれば小学生の子供に良いのか本当に困っておられるようです。

 

子供の便秘対策で注意すること

小学生の便秘原因は、食事の偏り、特に野菜類を食べない、学校生活や友達付き合いのストレスが影響しているように感じます。

こんな状態下で、子供が嫌がる便秘解消法はかえってマイナスになることがあります。

 

小学生にもなると自分の意思がしっかりしており、親の意見にも反抗してきます。

逆に、親は子供を想うあまり便秘解消に良いことを強制的にさせようとします。

 

例えば、子供やイヤと言っているのに無理やり野菜を食べさせる。

薬嫌いな子供に無理やり飲ませる。

「あれしなさい、これしなさい」と必要以上におっせかいをする。

無理にさせる行為は、子供にとっては精神的苦痛となり逆効果になることがあるのす。

精神的ストレスを与えないようこの点はどうか注意してください。

 

楽しんで取り組める便秘解消法を

ではどうような便秘対策なら受けいれてくれるのでしょうか?

無理のない食生活の改善ができればそに越したことはありません。

 

オリゴ糖・フルーツ入りヨーグルト

当サイトでおすすめする便秘解消法のコツは、 小学生の子供さんらが喜んで食べてくれる 『オリゴ糖入りヨーグルト&フルーツ』です。

 

小学生でもりっぱな便秘、ヨーグルトだけでは効果が薄いでしょう。

そこで相乗効果を高めるオリゴ糖を混ぜます。

さらに、おやつ風にするためにフルーツを加えます。

 

これなら、学校から帰ってのお楽しみおやつとして、喜んで取り入れてくれることと思います。

 

ヨーグルトにはカルシウムが含まれており、成長盛りには必要な栄養素。

便秘解消になり、身体によく、そしてなにより喜んで取り入れてくれる、 一石三鳥にもなる方法です。

 

そしておやつの楽しさを継続させるコツは!

子供からみれば、毎日同じおやつは飽きてしまい楽しみもだんだん薄れてきます。

そこで、イチゴ、バナナ、キウイなど追加する果物を日によって変えて下さい。

他にもチョコやクッキー、ラムネ、ポッキーなど色々と子供や喜びそうなモノをトッピングして下さい。

 

<用意する材料>

・無糖ヨーグルト

・オリゴ糖 10~15g前後

※できれば健康食品クラスの高品質のモノ。

・果物(イチゴ、バナナ、キウイ、さくらんぼ、みかん他)

・おやつでもOK

 

学校から帰ったら、今日はどんなおやつが出るのか楽しみに♪

そんな気分になってくれる便秘対策が理想です!

 

今回は一例を上げて説明しましたが、アイデアを沢山お持ちのお母さんなら他にももっとあるかと思います。(果物ジュース他)

 

小学生の子供さんが楽しんで取り入れてくれる便秘解消法を探してみて下さい。

 

最後に子供・小学生は育ち盛り、腸も成長していきます。

ちゃんと対策してあげれば排便リズムもついてきます。

あせらないで下さい。

便秘解消法研究会のおすすめ方法はこれ!

強力オリゴ糖「ガラクトオリゴ糖」で腸内環境を早く整備する。

ヨーグルトやジュースに入れてもOK!

(小さじ2.3杯~大さじ1杯ほど入れる。2.3歳は小さじ1.2杯から)

まずは排便リズムをつけることと腸の状態を健康にしてあげることです。