あれこれ雑学、夏野菜で腸にカツ本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > 腸内環境を整える食事一覧 > 夏野菜

夏野菜で腸を活性化させる!

夏野菜

猛暑の夏が続くここ数年。

35℃以上は当たり前のようになってきました。

これでは、体も腸も弱るのはあたりまえです。

このページでは、腸を活性化させるコツとして『夏野菜』に注目してみたいと思います。

 

夏に採れる野菜をざあっと上げてみますと

・トマト ・キュウリ ・なす ・とうもろこし ・ピーマン ・かぼちゃ ・オクラ他にはゴーヤ、みょうが、大葉(しそ)、枝豆・・・

そして季節感をただよわせるスイカやウリ。

 

いっぱいありますねー、旬の野菜が!

今や季節に関係なくスーパーなどで売られている為、季節感がありま感じられませんが、太陽の陽射しをいっぱい浴びた夏野菜は腸活性にかかせない食材です。

 

太陽の下で育った野菜を食べることこそ大事

夏場にスーパーで売られている野菜は、肥えた土と太陽の陽射しをサンサンと浴びて育った夏野菜達です。

 

ですからビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミンやミネラルが他の季節で育った物(ハウス物より)より栄養価が高いことが上げられます。

 

また忘れてならないのが食物繊維の存在です。

水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれているので腸内環境を整えてくれます。

 

豊富なビタミンやミネラルで、腸をはじめ各内臓のバランスを整える。

そして食物繊維で腸内環境を整える。

 

内と外から腸ケアをする『夏野菜』

夏の便秘改善は旬の野菜をたっぷり食べる』 これがコツです!

 

それと夏バテは便秘になりやすいです。

ビタミン、ミネラル、水分、食物繊維をたっぷり含んだ夏野菜を食べることは夏バテを予防することにもなります。

この夏は「夏野菜レシピ」にこだわってみてはいかがでしょう。

 

夏野菜の有効性について トマト編