あれこれ雑学、腸内細菌と免疫力本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > 腸免疫

腸内細菌と免疫力の関係について

腸免疫

このページでは、腸内細菌と免疫力の関係について勉強したことを書きます。

 

東京医科歯科大学名誉教授、藤田紘一郎先生の著書の本で、「免疫の70%は腸で作られる!」というサブタイトルに強い興味をもち早速読みました。

 

その中で一番興味をもったことは、免疫力は70%が腸内細菌によって、残りの30%が精神的なものに左右されるということです。

 

「便秘や下痢が続いたり、精神的ストレスが貯まると免疫力が落ちる!」

これは以前から知ってましたが、腸内細菌が7割も影響していたとはおどろきでした。

ではその7割の数字はどこから出てきたのでしょうか?

私は気になり、腸と免疫の仕組みにについて調べてみました。

 

免疫力が腸に集中する訳は

色々な文献を調べてみますと
「人の体の総免疫システムの70%が腸に集中している!」と書いてあります。

なぜ70%という高い割合の免疫システムが腸に集中しているのでしょうか?

私なりにまとめてみました。

 

まずは、面積が広いこと!

バリア機能がある粘膜表面積の広さにあります。

細菌やウイルスと接触しやすい部位表面を見てみますと、皮膚、口、鼻、のど、胃、腸などがあり、腸粘膜の表面積は実に全身の皮膚のおよそ200倍とも言われ、口、のど、鼻、胃に比べ、細菌やウイルスの接する面積が断然広いことから、免疫システムを集中せざるおえないことが解ります。

 

次に緊張感、緊迫感が24時間365日続いていること!

口から入る食べ物と一緒に細菌やウイルスも腸へ運ばれてきます。

さらに腸内には悪玉菌も棲んでおり、有害物質を排出してます。

これらの外敵は、腸粘膜から体内へ侵入しようとしてきます。

食べ物の栄養を消化吸収する一方で、身体の害になる外敵の侵入を防がなければ
なりません。

 

その為には、素早く感知し、攻撃したり排除する必要があります。

また、正常な人でも毎日3,000~4,000個のがん細胞が生まれると言われ、その発生する場所のほとんどが、腸粘膜とも言われてます。

このように腸内では外敵がどんどん湧いてきている中で、防衛隊である免疫担当細胞は、緊張感や緊迫感の中で一日中休む暇なく働き、腸を守らなければなりません。

 

最後に、腸は「第二の脳」であること!

人の腸には、神経がくまなく張り巡らされていて、脳からの指令がなくても素早く判断して動くきます。

また、脳からの指令がダイレクトに届きますし、逆に腸からの情報も脳へ直接伝えます。

 

腸は脳と密接な関係ながらも直接支配されておらず、このことから腸は「第二の脳」と呼ばれています。

以上、腸はこのような環境化であるがために、人がもっている全免疫細胞の70%が腸に集中していると考えられます。

さらに注目しなければならないのが、腸内細菌(善玉菌)が腸管免疫の活性化に深く関与しているということです。

 

腸内細菌と腸管免疫の関係

では、腸内細菌の善玉菌と腸管免疫は、どのような密接な関係を築いているのでしょうか。

 

それは善玉菌の役割を見ればわかってきます。

・ 消化吸収の手助け。

食べ物の消化や吸収をフォローし腸機能を手助けします。

・ ビタミンの合成

ビタミンB群や葉酸などのビタミン類を合成します。

また副腎皮質ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンの合成作業を助けます。

・ 腸内環境を整える

善玉菌は酸性物質を生成し腸内を酸性にします。これにより腸内腐敗や悪玉菌の動きを抑えたり、有害物質や病原菌の増殖を食い止めます。

・ 免疫機能を高める

免疫システムを効果的に刺激して免疫力を高めてくれます。

この刺激によって、免疫細胞のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージといったリンパ球(白血球)を活性化させます。

 

腸内細菌(善玉菌)は、腸の働きや腸管免疫を強力にサポートしていることがお解かりいただけたかと思います。

腸内環境を整える=腸内細菌のバランスを整える事は、免疫力を高め色々な病気から守ってくれるのです。

 

このページの最初に、「腸内細菌によって免疫力が左右される割合が70%もある」と
書きました。

 

この7割というこの高い指数は、便秘になれば腸内細菌のバランスも乱れ、かなり免疫力にも影響がでるということを意味します。

これがわかれば、「たかが便秘」と軽視することはもうできませんよね!