あれこれ雑学、かかとのツボ刺激本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > かかと刺激

 

かかとのツボを刺激し腸を活性化!

インフルエンザ

得意先から聞いた便秘解消法です。

 

それは、家でも簡単にできる「かかと歩き」だそうです。

早速かかとについて調べて見ますと、便秘に効く文献がありました。

 

簡単に要約しますと、かかとを刺激すると大腸や直腸、そして肛門などが刺激され便秘が解消されるとのことです。

 

足裏のかかとの部分には、右の解説図のように大腸をしげきするツボがあり、「かかと歩き」することによってかかと部分にあるツボが刺激され、それが便秘解消につながるということです。

 

また便秘と下痢を繰り返す「過敏性腸症候群」にも有効のようです。

足裏にはたくさんのツボがあり、それぞれの臓器と深く関わりをもっています。

それぞれのツボに刺激を与えると、血行が促進され各臓器が活性化してくるとのことです。

これによって人間が本来もっている自然治癒力を目覚めさせるのこともできると書いてありました。

 

【かかと歩きの方法】

背筋を伸ばし、両足ともつま先をあげて歩きます。

2.3分続けて歩くだけで結構しんどいですが、ふくらはぎも伸びちょっと刺激がありなんとなく効きそうな気がします。

 

高齢者の方や歩くのが困難な方は、座ってかかとを刺激してみましょう。

はだしになり、こぶしで強めにかかとをたたいたり、割り箸などをつかってかかとを刺激してみましょう。

 

毎日コツコツ無理のない程度で継続にできる方法を見つけることが大切です。

今回は、かかとを刺激する便秘解消法を紹介させて頂きましたが、自分に合った適法を見つけるには色々と挑戦することから始まります。