あれこれ雑学、インフルエンザ予防本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > インフルエンザ予防

腸を元気にしてインフルエンザ予防

インフルエンザ

冬になると心配なのがインフルエンザです。

ここ数年は新型インフルエンザが流行しているようです。

 

小さななお子さんや年配者の方は免疫力が低いので注意が必要です。

 

インフルエンザの予防として、「うがい・手洗い・マスク」をすることですが、ウイルスに負けない体の免疫力を高めることも必要なことです。

 

ところで、
体全身にある免疫担当細胞の7割が腸に集中しているこをご存知でしょうか?

 

体の免疫力は腸の元気さと密接な関係にあると言えます。

 

余談ですが、あるメーカーのヨーグルトがインフルエンザ予防に効果的であるとして大人気となっており、そのためか品薄状態になっていると小売店経営の知人より聞きました。

 

ヨーグルト成分である乳酸菌の効果もあるでしょうが、根本的な理由は腸内環境が良く腸の機能が活性化し、免疫力が高まっていると考えられます。

 

免疫力を左右する腸内細菌

私達の腸の中には、100種類100兆個とか1000種類1000兆個とか言われるの細菌が生息していると言われてます。

 

この中には、体によい働きをする善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)と老化促進や免疫力低下を促進する悪玉菌が一緒に生息しています。

 

悪玉菌の代表といえば「ウェルシュ菌」ですが、この菌はタンパク質を分解して悪臭のもととなる腐敗物質を生成します。

悪玉菌が増殖すると腸内腐敗が進行し腸の機能が低下してしまいます。

これは免疫力低下にもつながってきます。

◆ 便秘になると悪玉菌が増殖しやすい腸内環境になるので注意が必要です。

 

善玉菌を増やすと免疫機能が活性化

善玉菌の代表として知られるビフィズス菌や乳酸菌は、糖質から乳酸や酢酸を作り腸内を酸性にさせます。

 

腸内が酸性になると悪玉菌の増殖を抑えたり、動きを弱めることになります。

(悪玉菌は酸性に弱い性質があります)

 

善玉菌が優勢な場合は、腸内の細菌バランスがとてもよい状態!
腸内の免疫機能が活性化します。

 

ちなみに、この腸状態は便秘解消法や予防の基本でもあります。

 

免疫力を高めインフルエンザを予防するには、腸内の細菌バランスを整えること、そして毒素を排出すること、この2点がポイントになるのです。

毒素排出とは、いつも快便であり便秘にならないようにすることです。

 

【まとめ】

腸内の乳酸菌やビフィズス菌を増やし強化することが免疫力を高めることになりインフルエンザの予防になる!

逆の場合、いつも便秘気味だと免疫力も低下しインフルエンザにかかりやすい!

 

 

便秘解消法の基本メニュー

タイプ別便秘

便秘関連ページ