便秘解消法、下剤の種類と作用本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > 薬について

下剤の種類と作用

便秘が何日も続くと不安になり、それを解消しようとしてまず手にするのが下剤ではないでしょうか?

1.2回ぐらいなら副作用の心配もないし習慣性にもならないから大丈夫と考える方がほとんどかと思います。

本当に年に数回ぐらいなら副作用の心配もありませんし習慣性になることもありません。

 

でもふと気が付くと便秘薬を服用する頻度がたかくなっていることありませんか?

このページでは便秘薬の種類と作用について簡単に説明しています。

薬の特長を最低限知ることは必要なことです。

正しい知識をもって上手に利用しましょう。

 

色々なタイプ別の下剤について

では便秘薬の種類と作用や特長を下記の通り簡単にまとめてみました。参考にしてみて下さい。

 

◆ 刺激性下剤

大腸の腸粘膜を刺激して、腸の蠕動運動(ゼンドウウンドウ)の働きを促して排便をすすめます。

市販薬の中で一番多く使用されているものです。よく便秘薬を服用した後に腹痛を起すのは刺激が強いからです。

習慣性も考えられますので常用はご注意下さい。

<主な成分>

ビザコジル/センナ/ダイオウ/ピコスルファート/ラキソナリンなど

 

◆ 膨張性下剤

水分を吸収して便をやわらかくし腸内の内容物を膨張させることによって腸を刺激し排便を促します。

食物繊維と同じようなものです。

習慣性は少ないと言われていますが、その分他の下剤と比べると即効性がありません。

<主な成分>

プランタゴオバタ/カルボキシメチルセルロース

 

◆ 塩類下剤

塩の浸透圧を利用して便に水分を引き寄せやわらかくして膨大させます。その刺激によって腸の蠕動運動を促します。習慣性は少ないと言われています。

<主な成分>

酸化マグネシウム/硫酸マグネシウム/炭酸マグネシウムなど

 

◆ 浸潤性下剤

界面活性作用の働きを利用して水分を浸透しやすくさせ硬い便を柔らかくします。効き目は弱いので刺激性下剤と併用される場合がります。

<主な成分>

ジオクチルソジウムスルホサクシネート

 

どのタイプにしろ便秘薬を服用する時は、水か白湯で飲んでください。

そして飲む時や飲んだ後は多めの水分を摂りましょう。

 

市販薬の習慣性にはご注意を!

市販薬についつい頼ってしまう習慣性は要注意です。

そのうちに腸が刺激に対して耐性をもつようになり、だんだん効かない恐れがあるからです。

初回は薬を飲むとすぐに効いていたものが、薬が効かなくなってきたな~っと思った時は、薬に頼らない別の対策を取り入れることが必要となります。

 

自分の解消法を見つけ便秘改善を!

以上、便秘薬の種類や特長を説明してきましたが、理想的な解消法は当然市販薬などに頼らない方法です。その為には日頃の日常生活を今一度見直すことが大切かと思います。

 

左側のメニューにもありますようにまずは「便秘の原因」を知って「日頃の食事による解消法」や「複式呼吸や適度な運動」も参考にしながら、尚且つ「オリゴ糖」なども利用して便秘体質を改善させる事が肝要かと思います。

 

出来ることから少しずつ日常生活に取り入れてみてください。