便秘解消法、和食がおすすめ本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > 腸内環境を整える食事一覧 > 和食と食物繊維プラスお味噌汁・漬物

快便におすすめの和食

和食

便秘予防は、日常の食事でも十分可能です。
それは和食を中心とした食事に心がけることです。和食にプラスちょっと工夫するだけで便秘解消につなげることができるのです。
それでは見ていきましょう。

日本の食文化『和食』がおすすめです。

日本の伝統的な家庭料理は、イモや野菜魚の煮物が中心の和食スタイルでした。

しかし現在の食生活は、欧米化した高淡白、脂肪分が多く、これは腸内細菌の悪玉菌に絶好な環境つくりの食生活で便秘を助長する食卓になっていることが多だあります。

 

もう一度、伝統的な日本食を見なおし食物繊維が豊富な和食を中心とした食卓にしましょう。

家庭的な和食と言えば、おふくろの味が懐かしい野菜の煮付けですね。

芋、大根、にんじん、ゴボウ、カボチャ、豆類などの煮付けは食物繊維も多く最高の便秘解消法の和食と言えます。

管理人はおでんが大好きですが・・・。

では食物繊維を多く含んだ素材にはどんなものがあるでしょうか?

 

食物繊維が多く含んだ素材とは

食物繊維の一日の目標量は、男性で19g以上で女性は17g以上と言われています。

しかし実際は、平成20年 国民健康・栄養調査結果ではぜんぜん足りてないとのことです。

 

30代、40代の場合、男女とも13g前後と結果が出ております。

もっとも多いのが60代の男女で18g前後となっております。この年代の方は和食を中心とした食事なのでしょうか?

でも目標値に達しておりません。

 

いかに食物繊維を摂っていないかがお解かりいただけるかと思います。

食物繊維を多く含む素材は下記の通りです。

 

◆ まずは野菜類

・しいたけ(7.5g)・ごぼう(6.1g)・ぶなしめじ(4.8g)・えのきたけ(4.5g)・かぼちゃ(4.1g)他

◆ つぎに豆類です

・大豆(17.1g)・きなこ(16.9g)・いんげん豆(13.3g)・グリーンピース(8.6g)・納豆(6.7g)
・おくら(5.2g)・枝豆(4.6g)他

◆ 海藻類も多く含まれています

・寒天(74.1g)・ひじき(43.3g)・青海苔(38.5g)・昆布(30~35g)他

※( )内のgは100g当たりの目安です。

 

その他にもきのこ類や穀物、お茶にも多く含まれています。

 

お味噌汁やお漬物も

お味噌や漬物なども腸内環境を整える日本の伝承食品です。発酵食品の中には乳酸菌がおり、便秘解消にもおすすめです。

ただ、塩分が多いので食べすぎには注意しましょう。