便の豆知識、便の成分について本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > ヨーグルトとオリゴ糖効果

ヨーグルトと相性の良いオリゴ糖とは

ヨーグルト

 

このページでは、ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べる便秘解消法をご紹介します。

 

でもどんなヨーグルトやオリゴ糖でも良いというものではありません。

ヨーグルトとの相性によっては効果の違いもあります。

 

「ヨーグルト選び」と「オリゴ糖選び」、そして一日の目安量を説明しております。

便秘解消の参考にしてみて下さい。

 

 

まずはヨーグルト選び

無糖のヨーグルトを選ぶ!

右の図のように無糖のヨーグルトを利用しましょう。
雪印や森永、明治などスーパーで市販されている徳用サイズ(400~450g入)で無糖のヨーグルトを選びましょう。

※高脂肪やコレステロールが気になる方は低脂肪ヨーグルトをおすすめします。

 

美味しい糖分入りのヨーグルトは、健康目的で摂られる場合は良いかもしれませんが、便秘解消を目的にされる場合は、あまりおすすめできません。

糖分を多く摂りすぎると、カロリーオーバーや腸内の悪玉菌のエサにもなるからです。

 

次にオリゴ糖選びです

純度の高いオリゴ糖製品と動物性オリゴ糖を選ぶ

次にオリゴ糖選びですが、商品の種類がいっぱいありどれを選ぶかによって効果の違いがでてきます。

オリゴ糖選びのポイントは2つです。

 

できる限り純度の高い高品質のオリゴ糖を選びます。

ドラックストアー等で市販されている質の低いオリゴ糖商品、もっと具体的に言えば
数百円代の商品はお奨めできません。

理由はオリゴ糖以外にも糖分が多く含まれており便秘解消としての効果が期待できないからです。

オリゴ糖の純度が高い商品(配合が高いもの)を選びましょう。

 

動物性のガラクトオリゴ糖を選びます。

オリゴ糖には植物性のものと動物性のものがあります。
オリゴ糖の種類を参照

唯一動物性のオリゴ糖は『ガラクトオリゴ糖』になります。

 

ヨーグルトも生乳から作られ動物性の食品となります。

食品の相性からいっても動物性プラス動物性の特長をあわせることによってさらに効果が発揮されます。

 

これは今までの経験からのことです。

オリゴ糖を販売して10年になります。

過去の事例なのですが便秘解消法としてヨーグルトやオリゴ糖を利用される方は多くいらっしゃいます。でも全ての方に効果が出るとは限りません。

 

具体的な例ですが、 「ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜているのですがあまり効果がないです」といった内容の問い合わせが時々あります。

 

大抵の方は普通の植物性オリゴ糖や市販の物のようでしたので、動物性の『ガラクトオリゴ糖』で再度試していただくように説明しております。

 

その時には、ヨーグルトやオリゴ糖の食べる量も付け加えて説明しております。

全ての方全員とは言えませんが、かなりの方に効果があると喜んで頂いてます。

 

管理人の見解として、ヨーグルトと『ガラクトオリゴ糖』の相性は良いと思います。

ヨーグルトもガラクトオリゴ糖、どちも原料は牛乳成分からできている!

これがポイントです。

 

優しいイメージの植物性オリゴ糖は?

お問い合わせで「植物性の方が腸に優しいイメージがあるのですが・・・?」とい質問があります。

 

天然のオリゴ糖は植物性にしろ動物性にしろどちらも腸への優しさは同じです。

この優しいイメージは、日頃の三食の食事、肉や魚だけでなく野菜など植物性も一緒に摂りましょう!から連想したメーカーのイメージ戦略です。

重要視するのはオリゴ糖のチカラです!品質です!

もし体力が弱っている時は、栄養価の高い動物性の食べ物、うなぎや肉をとられると
思います。

腸内細菌のビフィズス菌も生き物です。栄養価が高い安定した物の方が機能性も高くビフィズス菌を活性化させてくれます。

 

一日の目安はどれぐらい?

便秘の度合いによって食べる量は変わりますが、頑固な場合や慢性的な便秘の場合は朝、昼、晩と食後に食べてみて下さい 。もしくは朝食後と夕食後の2回。

 

頑固な便秘の場合の具体的な1回分の目安です。

■ ヨーグルトは100~150g + オリゴ糖は大さじ1~2杯を入れます。

これを最低でも朝・晩2回摂って下さい。

※乳製品の食物アレルギーのある方はおすすめできません。

 

もし効果が出すぎてくだされた場合は、量や回数を減らして様子を見てください。

また便秘解消が見られれば、同様に量や回数を減らします。

 

腸を元気にするには時間がかかります。長期計画が必要です。

食後のデザートとしてヨーグルト+オリゴ糖の併用を健康志向としてとらえ継続してみて下さい。

 

最後に、ヨーグルトの栄養といえば「カルシウム」が思い浮かびます。

カリシウムは、胃腸に働きかけ腸の蠕動運動を高め排便をスムーズにする栄養素です。

 

こう見てみますと、ヨーグルトとオリゴ糖は最強のコンビからもしれません。

ぜひ毎日摂って腸管理をしていきましょう。