便の豆知識、便の成分について本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > 腸内環境を整える食事一覧 > ヌメリ食品

ヌルヌル成分には効能がいっぱい

ヌルヌルする成分は水溶性食物繊維=多糖類

ヌルヌルする食品とはどんなものが思いつくでしょうか?

オクラ、モロヘイヤ、サトイモ、ナメコ、昆布やワカメなどの海藻類、こんにゃくなどがそうです。

 

この食品には水溶性食物繊維(水に溶ける食物繊維)が多く含まれています。

そしてこの水溶性食物繊維は「多糖類」からなっており、多糖類は消化吸収されにくい糖です。

 

多糖類であるペクチン、マンナン、寒天、アルギン酸、フコイダインは善玉菌を増やし便秘を解消させるだけでなく、免疫力のアップやコレステロールの吸収を抑制したり、胆汁酸を吸着して排泄させるなど腸内の有害物質吸収を妨げる働きがあります。

 

・ペクチン・・・野菜や果物、特にりんごの皮近くに多く含まれている

・マンナン・・・コンニャクイモ、アロエの葉肉

・アルギン酸・・・昆布、ワカメ、モズクなど褐藻類

・寒天・・・テンザク、オゴノリ

 

日頃の食事で手軽に摂れる食材ですので、積極的に食べましょう。

ヌメリ食品で腸を元気に

ヌルヌル成分は腸内でゲル化(粘性の強いゲル状に固まる)する特長があります。

その特長により、食べたものはゆっくり消化管内を進み血糖値の急激な上昇を防ぎます。

 

またゲル化した多糖類は、腸壁を刺激して腸の蠕動運動(便を運ぶ運動)を促しますので便秘解消にも役立ちます。

 

ヌメリ野菜(オクラ、モロヘイヤ、サトイモ等)に含まれている
『ムチン』にも注目!

ムチンは胃の粘膜を保護し消化を促しますので便秘予防にもなります。

ムチンは、細胞を活性化させる働きがあり、肝臓や腎臓の機能を高めたり、鼻やのどの粘膜を丈夫にして風邪の予防にも役立ちます。

熱に弱いので生のまま食べるのがコツです。

 

こんにゃくのマンナンは保水力が抜群

コンニャクに多く含まれる「コンニャクマンナン」は、保水力がとても強力です。

胃腸で消化されないので、便のかさを増やしさらに腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促します。

便秘がひどい時は、コンニャクと水分を多めに摂るとより効果的です。

コンニャクマンナンはエネルギー量が低いのでダイエット食品としても利用され、ご存知の方が多いと思います。

 

海藻類のヌルヌルは効能がいっぱい

海藻類は便秘解消に役立つ食品ですが、それ以外にも効能が沢山あります。

褐藻類の昆布、ワカメ、モズク、ヒジキに含まれる「アルギニン酸」は血圧を下げる働きがあります。

さらに褐藻類には、最近注目されている「フコイダイン」という多糖類が含まれています。

 

フコイダインは、肝機能の向上、免疫賦活作用、抗血栓作用、抗アレルギー作用があります。

 

海藻類は腸を元気にする便秘解消だけでなく、生活習慣病の予防にも欠かせない食材と言えますね。