便秘関連の雑学、腸内細菌とは本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > 腸内細菌について

腸内細菌とは

人の身の周りには無数の細菌が存在しております。そして身体内にもいます。

具体的に見てみますと、手はもちろん口の中や小腸、大腸、肛門や膣内など身体のあちらこちらと細菌は棲みついています。

その中で、小腸や大腸に住みついている乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌などの菌を総称して「腸内細菌」と呼んでいます。

 

またその一群を腸内菌叢(ちょうないきんそう)または腸内フローラと呼んでいます。

この腸内細菌がもっとも棲みついているのが大腸といわれ、人間との共存関係にあり健康的な人生を過ごす為にもなくてはならない存在なのです。

 

腸内細菌の分類

小腸や大腸に棲んでいる腸内細菌の種類は、100種類以上で総数は100兆個と言われ重さに換算すると約1kg~1.5kgと言われています。

そしてこれらの腸内細菌は、大きく3つのグループに分かれます。

 

● 善玉菌のグループ・・・乳酸桿菌・ビフィズス菌が代表される菌

● 悪玉菌のグループ・・・ウエルシュ菌、大腸菌などに代表される菌

● 日和見菌のグループ・・・食べ物や体調によって善や悪、どちらにも傾く菌

 

上記の3つのグループの勢力関係によって私たちの身体への影響も変わってきます。

善玉菌が優勢な時、悪玉菌が優勢な時、そしてどちらに見方しようか迷っている日和菌。

では3つのグループがそれぞれ優勢の時、どのような影響を及ぼし体調はどのようになのるでしょうか?

簡単に説明してみたいと思います。

 

善玉菌が優性な時

腸内で善玉菌(ビフィズス菌)が優勢だと腸内環境は良い状態です。

この状態を維持すれば腸の働きもスムーズで便秘解消法にもなり、免疫力が高まる、大腸ガンの予防、肌の調子が良い方向にすすむなど私たちの健康を陰からサポートしてくれます。

 

こちらのビフィズス菌の働きのページではさらに詳しく解説しております。

善玉菌が活発な状態=腸内細菌のバランスが良い=便秘解消へ前進!

また腸内細菌のバランスが良いと免疫力を高めることにもなります。

詳しくは、「腸内細菌が免疫力の70%を支配する!」をご覧下さい。

 

 

悪玉菌が優性な時

腸内で悪玉菌が優勢な時は腸内環境も悪化して便秘や下痢、免疫力のが低下、体調不良、老化促進、発ガン物質を生む、肌荒れ、吹き出物など私たちの身体に悪いことばかりであまり仲良くしたくない細菌です。

こちらの悪玉菌とはのページにてさらに詳しく解説しております。

 

日和菌について

腸内でもっとも多く分布しているのが日和見菌です。

普段おとなしく暮らしていますが、体調を崩したり悪玉菌が増え腸内細菌のバランスが乱れると日和見菌が悪玉菌に加勢して有害物質を生成する場合があります。

その結果、便秘を引き起こしたり、血液が汚れ肝臓に負担、最悪な場合は病気になることもあります。

 

毎日、トイレで腸内細菌の状態をチェックすることができます。

善玉菌が優性な時は

● 気持ち良く排便できた

● 便の色が黄色、黄褐色をしている

● かたちはバナナ状で2~3本

● 便が浮いている

● ニオイがきつくない

 

以上の点が当てはまれば、善玉菌が優性な腸内環境と言えます。

便の健康度チェックでも参考にしてみて下さい。