便秘関連のお話、便意を促すには!本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > 便意が促す対策

便意を促すには

便意がある

便意を促しやすい状態にするには、規則正しい食生活が一番の基本です。

朝・昼・晩と三食きちんと摂り・時間を決めてそれを継続し、体に一定のリズムを意識させることがまず大切です。

特に朝は便意を促す大切な時間帯です!

できるだけ決まった時間に起床し、朝食とトイレに行く時間を必ずつくって下さい。

朝食はしっかり食べないと便意を促す体内リズムができません!

 

便意が最も強い時間帯は朝食後

腸の大蠕動運動(便の総体移動でとても強い動き)は1日に1.2回ほどしかありません。

それは朝食後の1時間の間です!

 

通常10~30分しか持続できません。この時に便意を促す信号がでます。

この時間帯に便意を感じた時は必ずトイレにいきましょう。

 

トイレでは、姿勢を正してあせらずいきむことなくゆったり気分で排便を心がけて下さい。

昼食後もある程度大蠕動運動はありますが、朝食後に比べると弱く便意は朝より強くありません。

夕食後はさらに便意は弱くなります。


夜は便意や腸の動きを気にするよりも、脳のクールダウンに心がけリラックスして睡眠できる準備をしましょう。
そして翌朝の便通につなげます。

 

便意を促す為の下準備

朝食後の便意を促す為に、朝食前と後に工夫してみましょう。

 

まず、起床したら2.3分でいいので軽く体操をしましょう。

体をひねったり、体を伸ばしたり、屈伸運動や前屈、腹筋など体が暖まる程度の体操をして、腸を目覚めさせます。

体操が終わったら、深呼吸をし気持ちをリラックスさせるのがコツ!

 

体操が終わったら歯磨き中も有効活用します。左手で横腹を上から下へ直腸近くまで軽くもんでいきます。

それから、水分を摂ります。

白湯、ミネラルウォーター、牛乳などお好みの水分をコップ半分ぐらい飲みます。

 

そして、朝食を摂ります。できれば多めの量を摂りましょう。

朝食が終わったら、さらに2.3分軽く体操をしましょう。上半身をひねったりして大腸に刺激を与えます。

 

1.2日ですぐ効果が現れるものではありませんが、諦めず継続されることをおすすめします。

最後に便意を促すには腸内環境を整えることが大前提です!

便秘を促すには、腸内環境を整える食事や生活リズムして理想的な便を作るように心がけます。

理想的な便とは、バナナ状の形で見た目が柔かそうな便。

色も黄色にちかくあまり臭くないのが理想です。

理想的な便を作る方法としては、ヨーグルト、穀類、野菜、解消類、果物、

さらに効果的な方法として「高品質なオリゴ糖」をおすすめします。

 

腸内で善玉菌(ビフィズス菌)が優勢であれば、理想的な便が作られます。

また、ビフィズス菌から生成される酸は、直腸を刺激して便意を促す働きもあります。

 

速報!便意を促す情報、便意を回復させるために必要な腸内環境作りを更新してます。詳細ページへ