便の豆知識、臭いの元は何?本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > 便・うんちの豆知識 一覧 > 便の臭い

便の臭いのもと

便の臭い

便の臭い。

 

誰もが幾度となく嗅がれたことと思います。

あまりよい匂いではありませんね!

 

いやあまりではなく悪臭そのものです。

ではあの嫌われるニオイは、どうして生み出されるので
しょうか。

 

悪臭を作り出している犯人は、腸内細菌の悪玉菌達です。

悪玉菌の代表、ウェルシュ菌やブドウ球菌は、タンパク質を分解する時にスカトール、インドール、アンモニア、硫化水素、フェノールなど、悪臭の元となる腐敗物質をどんどん作っています。

 

ですから、タンパク質を口にすればするほど臭いもどんどん強くなっていきます。

特に肉や魚の動物性タンパク質、脂質を一緒に食べると便の臭いはきついです。

 

便の臭いで腸内環境を探る

毎回でる便の臭いも信号の一つです。

臭いの度合いによって腸内環境の良し悪しがある程度解ります。

 

【善玉菌が多く腸内環境が良い状況】

この時は、便の臭いも普通ぐらいもしくはあまり臭わない時もあります。

善玉菌が悪玉菌の働きを抑えるからです。

これは腸内細菌のバランスが良い時です。

赤ちゃんの便は臭くないですよね!

 

特に母乳を飲んでいる赤ちゃんの便はすっぱい臭いがします。

母乳に含まれるガラクトオリゴ糖によって腸内のビフィズス菌(善玉菌)がいっぱい
になっているからです。

便の臭いが気にならないぐらいの時は、腸内環境が良好である目安と見て下さい。

 

【悪玉菌は優勢で腸内環境が悪い状況】

便が異常に臭くなっている場合は、悪玉菌が腸内で威張っており腸内環境も悪化してます。

また便秘や下痢の時などは、腸内細菌のバランスが乱れています。

このように便の臭いで腸内環境の状態がわかる目安になります。

 

ところで、自分の便の臭いと他人の便の臭いがちょっと違う経験はしたことありませんか?

他人の後にトイレに行った時などです。

 

同じ食べ物を食べている家族でも、便の臭いは多少違います。

これは人によって体質や性格が違うように、腸内環境(腸内細菌のバランス)も人それぞれ違うからです。

 

便秘解消法の基本メニュー

タイプ別便秘

便秘関連ページ