便の豆知識、便の色について本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > 便・うんちの豆知識 一覧 > 便の色からわかること

便の色、基本色は「茶系」

便の色

まず便の色ですが、基本は茶系です。

 

食べ物のカスから茶色の便ができる仕組みを簡単に 説明します。

 

消化管に胆のうから胆汁として分泌される黄色い色素 「ビリルビン」が腸内細菌によって酸化され、茶色系の便を作り上げます。

 

茶色の濃度は、便が作られる条件や環境によって多少異なります。

・腸内細菌のバランスがよい時・・・黄褐色

・腸内細菌のバランスが悪い時・・・こげ茶

・便が軟便や下痢状の時・・・黄褐色

・便秘気味の時・・・・こげ茶、黒っぽく見える

・食物繊維を多く摂った時・・・黄褐色

・肉類や嗜好食品を多く摂った時・・・黒に近いこげ茶

 

毎日の食事内容や精神状態も変わりますので、まったく同じ色の便が出ることはめったにありません。

 

基本色の茶系であれば、腸内環境や健康状態に異常はない考えられます。

でも、同じ茶系でも便の色が少し黒っぽくなると気になることは思いますが、便がちゃんと出れいれば合格と判断してます。
(これ管理人のことです)

 

次ぎに茶系以外の便が出たと時の信号について分析してみます。

 

赤い便が出た時

便の色が赤くなるのは血液の出血が原因です。

便についている場合や混ざっている場合があります。

血液は時間がたつと黒っぽくなりますので、赤い場合は肛門近くで出血していると考えられます。

 

赤い便で一番よくあるケースが切れ痔によるものです。

便についている場合が多く、便器が真っ赤な新鮮血で染まってしまいます。

便の中に血が混ざっている場合は、虚血性大腸炎、潰瘍性大腸炎、薬剤性腸炎、クローン病、ポリープ、ガンなどが疑われます。

病院で診てもらいましょう。

 

黒い便が出た時

見た目が本当に黒く見える便です。

炭のような黒です。

この色が出た場合は血液が混ざっている証です。

血液は時間がたちますと黒く変色していきます。

 

血液成分の一つヘモグロビンに含まれる鉄が酸化して、黒い酸化鉄に変わるからです。

血液が赤から黒に変わるには時間がかかります。

 

このことから、肛門より遠い箇所での出血が考えられ、十二指腸より上の部分、胃などからも出血している場合があります。

 

黒い便が出たときに疑われる病気として、胃炎、十二指腸炎、十二指腸潰瘍、食道ポリープ、食道ガン、胃潰瘍、胃ポリープ、胃ガン等。

※、病気以外では、鉄剤のサプリメントを飲んでいる場合は黒い便が出る場合があります。

 

病気が疑われるかどうか確認するには、このサプリメントを止め様子を見て下さい。

2.3日続けば早めに病院で診察してもらいましょう。

 

灰色の便が出た時

イメージするなら石灰みたいな灰色です。この便が出た時は便の基本色の元となる胆汁が出てないと考えられます。

 

胆汁は一日に500ml~1000ml分泌されます。脂肪の消化吸収の為です。

通常は、十二指腸から食べ物と合流して、便の基本色の茶色になっていきます。

それが灰色になるということは、この工程がなされてないと考えられます。

 

灰色の便が出たときに疑われる病気として、もっとも多いケースが、閉塞性黄疸という状態になって場合です。

これは、胆汁の流路がつまっているもので、その原因として胆石や胆肝系のガンなどがあります。

 

胆石、胆のうガン、胆管ガン、肝臓ガン、すい臓ガンなど。

躊躇せず病院で検査しましょう

 

緑色の便が出た時

緑系の便がでるのは、比較的小さな子供や赤ちゃんによくあるケースです。

腸炎や何らかの原因で、腸内細菌のバランスが乱れ善玉菌の働きが弱くなると、胆汁が酸化されず、そのままの色(緑系)で排便されます。

 

大人の場合は、カゼなどで抗生物質を服用した時に、まれに緑色になる場合があります。

これも抗生物質で腸内細菌のバランスが乱れているからです。

 

白色の便が出た時

米のとぎ汁ような下痢状の白い便は、乳幼児に流行る「ロタウイルス感染症」で冬季から春先にかけてよく見られます。

38℃前後の発熱と一週間前後下痢が続きます。

便の臭いは酸味の発酵臭がします。

 

さほど病原性は強くありませんが、脱水症状にならないよう水分と塩分は小まめに摂らせましょう。

大人の場合は、胃の検査の時に飲むバリウムが原因です。

上記以外にも胃や腸の分泌物も多少含まれています。

 

以上、便の色について簡単に説明しました。

 

毎日の食事内容によって便の色は多少ことなります。

週に1.2日茶色以外の便がでたからといって、不安視する必要はないと思いますが、継続的に同じ色に近い便があった時、特に赤い便や灰色・黒色の便が続いた時は、一度病院で調べてもらいましょう。

 

まずは、毎日便の色をチェックする習慣を身につけることです。

これは予防意識、健康チェックに最低限必要な習慣です。

『便の色は、体の健康を知らせる青・黄・赤の信号!』 

これを忘れないで下さい。

 

便秘解消法の基本メニュー

タイプ別便秘

便秘関連ページ