便の豆知識、便の成分について本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > 便・うんちの豆知識 一覧 > 便の成分は何からできている?

便の成分について

便の成分について

食べ物が口から入って肛門から出て行く時には、「便」「うんち」と容姿が変わり臭いも別モノになって出てきます。

 

便が出来る時間は、平均30時間前後と言われており、個人差はありますが短い方で15時間、長い方は72時間です。

 

では便の成分は何からできているのでしょうか?

すぐに思い浮かぶのは、消化しきれなかった食べ物のカス
と水分。

あとなんの成分があるのでしょうか?

考えてみると以外と出てきませんねー!

便の成分は大まかに

・水分

・食べかす

・腸粘膜から剥がれた細胞

・腸内細菌(生きたものや死骸)

 

などから構成されています。

それでは便秘の成分について詳しく解説して行きたいと思います。

 

便の成分その一、水分

便の成分で一番多いのは、水分で70~80%の割合を占めています。

この水分割合ですと形もよく、健康便になります。

 

便に含まれる水分の割合が70%より低くなると便は硬くなってしまい、逆に水分の割合が80%より高くなると下痢状の便になります。

 

私達が一日に摂る水分が約2~3リットル、そこに唾液や胃液、胆汁、すい液、腸液などが分泌され、口から肛門までの消化管内では8~10リットルの水分になると言われてます。

 

腸内で一番占めているのは水分、このことから便に一番多く含まれている成分は水分になります。

 

便の成分その二、食べ物の残りカス

食べ物のほとんどは栄養として小腸から吸収されます。

しかし中には消化吸収されない食べ物もあります。

便成分に含まれる食べカスの主な成分は、「食物繊維」です。

便秘でお悩みの方なら、食物繊維の重要性はご存知のことと思います。

 

便の成分その三、腸粘膜から剥がれた物

私達の体(内臓も血液も含む)は60兆個の細胞からできていると言われています。

その中で一番寿命が短いのが、胃や腸壁の消化管上皮細胞で24時間で死んでしまい、新陳代謝はとても激しいものとなってます。

 

古く死んでしまった細胞は、皮膚が垢となって剥がれおちるのと同じように腸内に剥がれ落ち、便成分の一部として排泄されます。

 

便の成分その四、腸内細菌

便1gに1兆個ぐらいの腸内細菌がいます。生きているものや死骸を合わせてです。

私達の腸内には100種類100兆個以上の色々な細菌が棲んでいます。

ビフィズス菌や大腸菌他。

 

これらを重さに換算すると、1キロ~1.5キログラムになるそうです。

ヘルスメーターで体重を計った時、その内1~1.5キログラムは腸内細菌が占めていることになります。

 

細菌も腸内の内容物(便)の中に混じって繁殖したり寿命を迎えたりで、便成分の一部となり排泄されていきます。

 

上記以外にも胃や腸の分泌物も多少含まれています。

以上、便の成分について説明させて頂きました。

 

便秘解消法の基本メニュー

タイプ別便秘

便秘関連ページ