腸内細菌のお話、バクテロイデスとは本当の腸活法とは、詳細ページへ

TOPページ > あれこれ便秘関連の雑学 > バクテロイデス菌とは

腸内細菌のバクテロイデス菌とは

腸内細菌

腸内細菌で最も多いバクテロイデスとはどんな細菌でしょうか?
条件によっては、善玉菌、悪玉菌と大きく左右される存在で、私たちの健康や体調管理、そして便通にも関わりをもっています。

 

バクテロイデス菌の解説

生体の常在微生物として最も多い菌であり,糞便中の細菌の80%以上を占め生体の常在微生物として最多です。

主に腸管、咽頭部、副鼻腔、膣、子宮頚管に存在しています。

バクテロイデス菌は、悪玉菌に見られがちですが、基本的には便秘や病気の原因にはなりませんが日和見菌(善玉菌と悪玉菌のどちらにでも変化する)の一つとして言われています。

 

人にとって有用な働きは、糖を発酵して、乳酸や酢酸などを産生して免疫に役立ち場合もありますが便秘や体力が落ちている時には、このバクテロイデスが大量に増え重大な問題を引き起こす場合があります。

 

バクテロイデス菌が生成する有害物質にはアンモニア、硫化水素、アミン、フェノールなど。

これらの腐敗性物質は、口臭 や体臭などの悪臭の原因となっている場合もあります。

自家感染(粘膜が傷つくと感染する)することもあります。

 

良い面もある反面、有害物質を生成してしまう菌、それがバクテロイデス菌なんです。

 

日和菌でもあるバクテロイデスを上手に扱うには、腸内環境のバランスを整えることが大切です。

これは便秘解消以外にも、健康維持、代謝や肥満予防にもつながってくるからです。

規則正しい生活習慣や食生活、適度な運動に心がけることが「バクテロイデス」をうまく利用するコツです!

 

手っ取り早く腸内細菌のバランスを整えたいのなら、濃密なオリゴ糖がおすすめです。